現場レポート アメリカの訴訟事情の実態

弁護士の手腕で変わる訴訟結果

法律家を目指すとしたら弁護士になりたいです。ドラマでもよく弁護士のシリーズが放送されていますが、いつも見ていてカッコいいなって憧れるからです。弁護士って、その人の手腕や力量で結果も大きく違ってくると思います。極端な例だと、無罪になるか有罪になるかも弁護士次第だし、刑期の長さも弁護士の力量に大きく影響します。それだけ人の人生を左右する大きな仕事ってことです。企業の顧問の弁護士も、仕事としてはやり甲斐があると思います。社員や顧客とのトラブルをいち早く解決できるし、企業に不利益にならないように、色々と考えて行動しなくてはなりません。すごくやり甲斐がありそうです。また民事では離婚や不動産トラブルなども解決してくれます。私の友人も離婚問題で親権を争っていて、弁護士のお陰で親権を取ることができました。弁護士の仕事って人や会社にも役立つことだし、多くの人の手助けになるものだと思います。世の中には無くてはならない存在だし、頼りにされる重要な仕事だと思います。私も世間の弱い人の立場に立った弁護士になってみたいです。

関連サイト