現場レポート アメリカの訴訟事情の実態

遺産とは何か

相続に関する出来事が今までになかったので、ほとんど知識もあまりないのですが、身近に感じる人が亡くなった後の相続権など、どこかでは必ず聞いたことのある話なら、いくつかあります。相続というと、人生を歩んできた大切な人の最後に残す大事な財産でもあります。財産を残して、後世大切な命としてまた別の人に託していく。生きてきたそのすべてが、最後に遺族に残っていくということはその人の命が全うされたことでもあるのかなとさえ思えてきます。相続と聞いて、なぜか大変な託し物なのかなと思えて、手続きもとても大変なのではないかと危惧してしまいます。誰かに任せればいいかと、少し悠長に構えてしまうかもしれません。知識を得るとしたら、まずどんな人に対して権限が与えられるかなど、基本的なことから始めなければいけないかもしれません。学ぶことが少し難しそうに見えて、少し苦労するかもしれませんが誰かに教わる機会に恵まれたなら、きっといろんなことを知っていけるかもしれません。これから自分の身近に生きた人たちも、そして自分も、人生を全うしながら生きていきますが、悔いのない人生を送っていけたらいいなと思いました。

関連サイト